0276-86-6475

アルミパイプの焼鈍処理について

2010.12.23
アルミパイプの焼鈍処理について

今週は、アルミパイプの焼鈍処理がありました。

材質は6,000番系のアルミパイプで、長さが2m×Φ50の品物でした。

今回は、小ロットの為小型の角型炉(有効寸法 w950×H1,500×L1,720)にアルミパイプを斜めに立てかける治具を社内で製作し処理を行いました。

弊社では、大型の角炉(T?6処理可能 有効寸法 W2,000×H1,500×L3,500)もございますので、大物の熱処理でお困りでしたらお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

2010.12.17
アルミ熱処理矯正について

今週は、アルミの板状の焼鈍処理品に板の重りを載せて熱処理中に矯正を行う処理がありました。

熱処理のやり方ですが、板状の品物より少し大きめの板で品物を挟んで、板の重さで品物を熱処理中に平らにするのが目的です。

今回の処理で、規格内(1mm以内)まで平らにすることが出来ました。

熱処理中の矯正について気になる点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

2010.12.09
実体測定について

今週は、新規のお客様で自動車のアルミ部品の熱処理依頼がありました。

初回のテスト品は、お客様立会で実体測定の準備を行いました。

今回の実体測定は、実体を20点、雰囲気を1点の計21点測定で行っています。

弊社では、実体測定を最大で24点まで測定可能です。

熱処理や実体測定で不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせして頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

 

2010.12.02
焼鈍処理について

今週は、アルミ材A2017とA5052の焼鈍処理がありました。

お客様からご依頼のあった材質の焼鈍処理を行った品物がなかなか見つからなかったようで、今回弊社で焼鈍処理を行いその後、お客様で加工して頂いてから、弊社で強度アップの為T4処理等を行う事になりました。

弊社では、焼鈍処理やT4、T5、T6、T7処理やアニール処理、砂焼き等も行っております。

熱処理で不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

宜しくお願い致します。