TEL : 0276-86-6475
FAX : 0276-86-6583
群馬県邑楽郡
千代田町大字赤岩3296-1

雨の多い季節

2024.07.17
雨の多い季節

関東は梅雨のシーズンに入っております。

アルミニウムの熱処理で、お客様よりお預かりした大切な製品を雨に濡れないように気をつけて作業しております。

配送の際のトラックの積み下ろしの時には、通常のパレットや網パレットでしたら大きなビニール袋(ガゼット袋とよばれるもの)をかぶせております。

かぶせるだけですと、風により下の部分がめくれてしまうので、場合によっては下の部分でしばるか、ラップを巻いてめくれないようにしております。

また、晴れている日はトラックから下した製品を屋外に一時置きしておりますが、曇りや雨の日はビニール袋がかぶせてあっても仮置きせず倉庫内にしまいます。

アルミ製品は、雨に濡れると腐食して白く粉をふいたり、黒く変色してしまいます。

第二工場での積み下ろしは、大型のウイング車も工場内に入る事ができますので雨の日はとても楽に作業が出来ます。

配送に関しては、自社便だけではなく、運送業者へ依頼する事も多くありますが、その際も気をつける点は同様になります。

アルミニウム熱処理などで、気になる事などございましたらいつでもご連絡をいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

(記事作成 横田)

2024.07.10
アルミニウム合金について

アルミニウム合金は、「熱処理合金」と「非熱処理合金」に区別されて呼ばれる事があります。

「熱処理合金」は、2000系・6000系・7000系。

「非熱処理合金」は、1000系・3000系・4000系・5000系です。

熱処理合金は、T6熱処理をする事により強度を増す事が可能ですが、非熱処理合金はT4熱処理やT6熱処理などを行っても強度を増す事が出来ません。

ただし、全ての熱処理が出来ないわけではありません。「焼きなまし(焼鈍処理)」については、どの合金でも可能です。

お問合せをいただく中にも「A5052材のT6熱処理は可能か。」と相談される事があります。熱処理する事は可能ですが、非熱処理合金の為、硬さは増しません。とご説明をさせていただき、それでも「試験的にやってみたい。」と言われるお客様もいらっしゃいます。

弊社は、スタッフ全員、「無理。出来ない。」を言わず、「やってみないとわからないけど、何でもやってみよう!」という気持ちでお客様からのご要望は出来るだけお答えしたいと思っております。

他社様でお断りされてしまった熱処理やアルミニウム熱処理についてのご相談などがございましたら、いつでもご連絡をいただければ幸いです。宜しくお願い致します。

(記事作成 堀越)

2024.07.03
現場で使っているツールの紹介動画を作成しました。

アルミニウムの熱処理の現場で使っているツールのひとつに、iPadがあります。
もうだいぶ前に購入したので古い型ですが、特に高性能である必要はないので、そのまま使用しています。

主な使用用途としては、次のようなものです。

・ToDo
・メールの送受信
・基準書の確認
・製品等の写真撮影
・ZOOM等のミーティング
・YouTube動画の撮影
・グーグルカレンダーによるスケジュール管理
・データ管理

工場内では、誰でも操作できるようになっています。
特に便利なのはToDoで、点検や書類の作成などを忘れることがありません。

ToDoの確認は、毎朝の朝礼のときに行っています。何を誰が行うかの確認をします。

このブログは毎週水曜日に公開することと、記事を書いていますが、それもToDoの中に入っています。
「定期的な予定」の項目ですので、チェックすると消えますが、予定の日に出てきます。

カレンダーに入れるよりも、チャックして消えるToDoのアプリの方が使いやすいです。

動画では、ざっと紹介しているだけですが、雰囲気が伝わればと思います。

アルミニウムの熱処理についてのご質問等はいつでも受け付けていますので、お気軽にご連絡をいただければと思います。

よろしくお願い致します。

(記事作成:森)