0276-86-6475

梱包について

2013.01.31
梱包について

アルミの熱処理のご依頼をいただいて製品を受け取りますが、荷姿も色々な形状があります。

網カゴ、板パレ、ダンボール、ポリ容器などです。通常は、弊社に到着した荷姿でお送りしています。

ロット管理するものは、ロットが混ざらないように注意して作業しております。

切削等で油が付着している製品がビニール袋に入っている場合には、ご相談の上で新しいビニール袋に入れて出荷することもあります。

それと、パイプなどでキズ防止のためにフィルムが貼られている場合には、熱処理でビニールが溶けてしまいますのですべて剥がして作業いたします。そのときにはキズに注意して熱処理をいたします。出荷の際の梱包については、どの程度キズに注意するかで方法も変わりますので、ご相談させていただいております。

また、雨に濡れないように屋内にて製品を保管し、雨の日はビニール袋をかけてトラックに積んでいます。

梱包につきましても、色々なご要望にお応えしておりますので、ぜひご相談していただければと思います。

よろしくお願いいたします。

2013.01.24
硬さ測定について

アルミニウムの熱処理でT4やT6、T7を行うと強度が増し、焼鈍を行うと柔らかくなります。

熱処理の目的は硬さそのものではなく、引張り強さなどの機械的性質だったりしますが、熱処理によって目的の硬さに変化したかどうかは硬さ測定を行なって判断します。

通常、アルミの熱処理の硬さ測定は、「ロックウェル式」と「ブリネル式」のどちらかを選んで行います。

選ぶ基準として特に明確にはなっていませんが、ブリネル式は直径約2ミリ、深さは1ミリ程度の穴が残ります。ロックウェル式はダイヤモンドの針で押した跡が残ります。

ロックウェル式は正確な数値が出にくいため、3回測定して平均値を求めます。ブリネル式は穴の直径を拡大鏡を使って測定しますが、人が測定するために若干の誤差が生じます。

硬さに関しては、現在の測定器ではこれ以上の精度の測定はできませんが、通常は要求される硬さの範囲がありますので、その範囲に入っているかどうかの判断は可能になっています。

熱処理後の製品を何箇所か測定してみますと、場所によって硬さの測定値も変わりますが、ある程度の範囲の中に収まります。通常、量産品に関しては測定する場所はいつも同じ場所を指定することになります。

また、温度が高いと柔らかい測定値になりますので、測定の温度条件についても決められています。

硬さ測定器の選び方は、鍛造品などの小さくて硬いものはロックウェル、鋳造品の大きなものはブリネル式で測定することが多くあります。

硬さの測定についてご質問等がございましたら、お気軽にご連絡をいただければ幸いです。

2013.01.17
各種データの保管期間について

弊社はアルミニウムの熱処理を行なっていますが、そのときに記録するのは、品名・数量・ロット番号・温度・時間・作業者・硬さなどで、場合によっては水温などのデータも記録しています。

記録の保管に関しては、基本的には10年間ですが、ご要望に応じて延長させていただいています。最近は15年の保管期間のご要望も増えてきました。

作業するときには、熱処理炉に入れた時間や取り出しの時間をその都度作業者が記録しています。熱処理の温度と時間については温度記録紙(温度記録チャート紙)に記録されます。通常は3点測定です。角型炉は1点で測定しています。

電気炉の温度と水槽の温度は、1点ずつですが事務所のコンピュータでリアルタイムに記録を続けていますので、工場が停電になったときにも炉内の状況がわかるようになっています。

コンピュータのデータについては定期的にバックアップを行なっています。保管期間は特に定めていませんので、すべて記録が残っています。

弊社は自動車関連の仕事も多いため、記録や保管に関しても常に配慮を行なっております。

不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

2013.01.10
熱処理作業成績書について

弊社では、ご希望に応じて各種のアルミ熱処理作業データを作成しております。何時、どのような温度と時間で熱処理をしたか、そして硬さはどのくらいになったかというデータをお渡ししております。

場合によっては、熱処理の温度と時間を記録したチャート紙の原本やコピーも提出しています。また、作業時に使った「熱処理管理シート」のコピーを提出することも可能です。弊社での保管・管理が不要な場合には原本をお渡しいたします。

熱処理管理シートは、入荷から出荷までの作業工程の日時と作業者がわかるようになっているものです。

そして、硬さ測定については硬さの測定数を増やしてデータを分析することもできます。

どのような熱処理をしたかという記録の提出や、更に硬さや実体温度などのデータを追加することもできますので、ご要望がありましたらお気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

2013.01.01
明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます

昨年中は、色々とお世話になりありがとうございました。

今年も多くのお客様のアルミニウムの熱処理のお役に立てますように、スタッフ一同頑張ります。

2013年も、よろしくお願い申し上げます。