TEL : 0276-86-6475
FAX : 0276-86-6583
群馬県邑楽郡
千代田町大字赤岩3296-1

実態(実体)測定を行う理由について

2020.04.01
実態(実体)測定を行う理由について

アルミニウムの熱処理は、温められた空気の中にアルミ製品を入れて加熱を行います。

炉の中の温度は、熱電対(ねつでんつい)と呼ばれる温度計を差し込んで測定しています。

その測定された温度は、炉の中の空気の温度になります。

そこにアルミニウム製品を入れて加熱するわけですが、炉内の空気の温度と実際のアルミニウム製品とは温度の差があります。

これは、たとえば沸騰したお湯の中に豆腐を入れてしばらくして取り出しても豆腐の中は冷たい状態になっているのと同様です。

豆腐は熱いお湯の中で温まっていくのですが、内部まで温度が上がるには時間がかかります。

このときに、どのような温度の状況になっているのかを測るために実態(実体)測定というものを行います。

豆腐の場合には単純に豆腐の中心に温度計をさして測定します。

アルミニウムの熱処理の場合には、アルミニウム製品の中心までは測定する必要はないのですが、ある程度の深さの穴をあけて、そこに熱電対の素線を入れて測定します。

そして、数百個を同時に熱処理する場合には炉の中の10か所ぐらいに熱電対の素線をさした製品を入れて温度分布も測定します。

実際に実態(実体)測定を行うと、周囲の空気の温度が先に上昇し、製品の温度は後から上がっていくことが確認できます。

そうやって炉内の温度を測定し、最適な熱処理の温度と時間、そして炉内への製品の入れ方などを考えて熱処理を行うのが実態(実体)測定の目的です。

厳密な仕様で無い場合には、だいたいの経験で温度や時間の設定を行っています。また、その場合には多少の余裕も見ています。

アルミニウムの熱処理に関するご質問等はいつでも受けておりますので、お気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。

 

2020.03.25
実体温度測定について

 

 

 

 

 

 

 

 

炉内の製品温度を測定するときには、温度センサー(熱電対)を製品に取り付けて熱処理を行います。

温度測定の際は、製品に10~15ミリぐらいの深さまで穴をあけて熱電対を差し込み固定します。

通常は、データロガーを使用してコンパクトフラッシュカードに記録をして、その後データをパソコンに取り込みエクセルで管理します。

T6処理の実体温度測定では、線をつなげたままで溶体化処理→水冷→人工時効硬化処理までおこないますので、作業をするスタッフが必要になります。

データを取る間隔は、通常1分間隔が多いですが、溶体化処理の水冷時はお客様と相談し1秒間隔に設定する事もあります。

そうする事で高温から水冷された時の温度など、より細かいデータを確認することが出来ます。

実体温度測定については、ご希望があればいつでも行うことが出来ますので、お気軽にご連絡をいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

2020.03.18
大型炉の熱処理について

弊社では、大物の処理が可能な大型炉を設備しております。弊社の中で1番大きい炉です。

大型炉の有効寸法は、W2,000mm☓H1,500mm☓L3,500mmになります。T5処理は、製品の形状にもよりますが約2.5tの熱処理が可能です。T6処理は、専用の治具に載せて熱処理を行います。クレーンを使用しますので、製品の形状にもよりますが約2tまでの熱処理が可能です。専用治具の有効寸法は、W2,000mm☓H1,140☓L2,500mmになります。

先日、「大物で溶接している製品が加工をすると歪んで使い物にならない。熱処理でどうにかならないか。」とご相談がありました。お客様と打合せを行い、Φ1,900と大きな製品ですが試作で1個をアニール処理する事にしました。納品後、お客様から「加工しても歪まなくなって、とてもいいよ。次の製品もお願いしたいから炉の予定を入れてほしい。」とご連絡をいただきました。とても、嬉しかったです。大型炉は、弊社にある他の炉より使用する頻度は低めですが、連続で使用する時もありますので、早めにご連絡をいただければ幸いです。

大きな製品の熱処理のご相談などございましたらいつでもご連絡いただければ幸いです。宜しくお願いします。

 

 

2020.03.11
お見積りについて

弊社では、アルミニウムの熱処理についての価格のお問わせもいただいております。

熱処理はバッチ式と言われる、1台の熱処理炉で行います。T6処理の場合には、溶体化処理と人工時効硬化処理は温度が違いますので、効率をあげるために2台の炉での流れ作業となります。

熱処理の価格は、1台の炉で1度にどれだけの量が入るかによって決まります。

炉の中に満載の場合には、目的の温度まで加熱する時間が長くなりますので、その分の費用がかかります。

また、たとえば小さなものを1個だけ熱処理する場合には、炉内の温度はすぐに上がるのですが、炉の専有時間があるため、1個あたりの単価は上がります。これは、小さな荷物をトラックで運ぶのと同じで、ある程度の数量がまとまった方が単価は安くなります。

そして、運賃は別のお見積りとさせていただいております。

近くに納品するのと、遠距離での納品は運賃が変わってくるためです。また、ポリ容器を重ねるのか、網カゴに入れるのか、混載便に乗せるのかなどで運賃の変動があります。

熱処理と運賃の総額を個数で割って1個あたりの単価を計算してお見積書を出すこともできますので、ご要望に添えるようにいたします。

お見積りについては、基本となる金額があって、それに対して熱処理の温度と時間、変形や打痕対策などを考慮して金額を算定させていただいています。

金額や品質など、いつでもご相談を受けておりますので、お気軽にご連絡をいただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

2020.03.04
アルミ熱処理のご要望をお受けしています。

弊社は熱処理炉を製造していたデンゲンテックス(株)(旧社名:電元冶金工業 株式会社)の技術をベースにして、アルミニウムの熱処理に特化した部門をつくり、その後にその部門をアルミエース(株)という別法人として登記して現在に至っています。

当初より、「お客様のご要望をすべて受ける」「お客様の希望を叶える」ように努めてまいりました。

現在でも、色々なご要望について、「どのように達成していくか」を社内のミーティングで考え、また、お客様と一緒に考えていくこともあります。

場合によって、試作を続けながら完成させることもあります。

お客様と一緒に考えて試作を行った製品は無数にあります。前例の無いT6の空冷や、過時効で目的の硬さを出すもの、規格よりも柔らかくする焼鈍、変形してしまう製品の対策など、色々なものがありました。

特に、炉内の温度分布については元々は電気炉の製造から行っていたこともあり、炉の構造を理解している中で製品の並べ方や治具の考案を行います。

また、土曜日や日曜日の熱処理など、休日出勤の対応や夜間の作業など、ご要望をいただいた件はご希望にそえるように行ってまいります。

規格に無い熱処理や、変色や変形でお困りの場合など、何かございましたらいつでもご相談をいただければ幸いです。

よろs