TEL : 0276-86-6475
FAX : 0276-86-6583
群馬県邑楽郡
千代田町大字赤岩3296-1

硬さ測定で注意する点について

2018.12.05
硬さ測定で注意する点について

アルミニウムの熱処理では、見た目では熱処理されているかどうかは判断が難しいと思います。

T6の場合には硬さが増加しますので、叩いた音で判断する人を見たことがありますが、普通の人には出来ない技だと思います。ひとつの製品を叩き比べることを続ければ可能かもしれません。

それでもやはり、「製品の出来栄え」に関しては数値化できるものは数値化して管理した方が良いと思いますので、硬さについても測定値で合否判定を行い、それを記録していきます。

硬さ測定で注意する点は、

(1)いつも同じ場所を測定する。

製品の場所によるバラツキは少ないと思いますが、やはり常に同じ場所を測定することで変化に気づきやすくなる可能性があります。また、手順としても作業者の判断が減るのでやりやすくなります。

それと、硬さ測定を行ったかどうかを確認するときにも測定跡を発見しやすくなるという利点があります。

(2)冷めてから測定する。

T6の場合、時効硬化処理が終われば熱処理は終了ですが、炉から出た直後はまだ温度が高く、測定したときには少し柔らかめな数値が出ることがあります。

そのため、「素手で触れる温度」で測定するようにしています。これは個人差があるのですが、45℃以上のものを触れる人は少ないと思いますので、わかりやすい基準になります。また、それぐらいの温度であれば測定誤差は発生していません。

(3)厚みが重要。

薄い製品ですと、正確に測定できません。お客様との打ち合わせで、規定の温度で熱処理を行っていれば測定しないで良いという場合もありますし、同じ材質のテストピースを一緒に熱処理して測定する場合もあります。

いずれにしても、ブリネル式とロックウェル式の両方共厚みは1センチ以上あると数値が安定します。

(4)定期的に校正を行う。

やはり測定された数値が正確かどうかが保証されないといけませんので、メーカーに校正を依頼して記録も保管しています。それと、社内でも日常点検や週次点検を行い、機器の保守をしています。

 

以上になります。他にもポイントがあると思いますが、主にこのような点が重要事項となります。

アルミ熱処理に関してのお問い合わせはいつでもお受けいたしておりますので、よろしくお願いいたします。

 

2018.11.28
データなどの帳票類の保管についての動画を投稿しました

弊社におけるデータ類の保管について説明した動画を投稿しました。

弊社では、熱処理に関わるデータを15年間保管させていただいております。
20年間保管してほしい、データの確認がしたいので見せてほしいなど
ご要望がありましたら、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

その他にも気になる点がございましたら、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

2018.11.21
花壇に花を植えました。

事務所の前の花壇に花を植えました。季節によって季節の花を植えることで雰囲気もかなり明るくなります。

来社されたお客様にも楽しんでいただければ幸いです。

弊社では、現在ISO14001環境マネジメントシステムの取得にむけて取り組みを行っております。

毎朝30分間、工場内はもちろんですが、周辺の木の剪定や雑草の片付けを行っております。

特に雑草を取るには大変なので、除草シートを試してみました。

アルミニウムの熱処理について、ご質問等がありましたらお気軽に、お問い合わせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

2018.11.14
第59回品質月間について

  

毎年11月は品質月間です。弊社でも、10月末に旗・ポスターの掲示を行いました。11月からは、スタッフ全員、バッジを身につけて作業をしています。

日頃より、品質の維持や品質向上を意識しながら作業をしていますが、改めて日頃の行動や品質について見直して行こうと思います。

アルミニウムの熱処理の場合には、硬さを規格内に入れることはもちろん、昇温時間や炉内の温度分布、製品の詰め方や製品へのキズやダコンにも注意を向けていかなくてはなりません。その為、弊社では勉強会や打合せなどを行い、品質の維持・向上に取り組んでいます。

今後もより一層、品質維持・品質の向上にスタッフ全員で取り組んでいきます。

アルミニウムについて、何かありましたらいつでもご連絡いただければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

2018.11.07
アルミニウム合金の時効析出について

アルミニウムの熱処理は、強度を増すことや強度を下げることなどの種類があります。

製品を完成させる目的に応じてアルミニウム合金を選択し、熱処理工程を行います。

アルミニウム合金の強度を増すために、「時効処理」と言われる方法を行います。

溶体化処理後、そのまま置いておくことを「自然時効」と呼びます。時間が経過すると硬さが増していき、ある程度の硬さになるとそれ以上は硬くなりません。

また、積極的に加熱して時効処理を行うことを「人工時効硬化処理」と呼び、アルミ合金の種類によってその温度と保持時間は違ってきます。

時効硬化については、アルミ合金によって硬化するものとしないものがあります。

展伸材では2000系、6000系、7000系などで、鋳造材ではAC2A、AC2B、AC4A,AC4Cなど様々な種類のものがあります。

時効処理では、GPゾーンや中間相などが形成され、色々な相の析出現象が生じます。

人工時効硬化処理では、ピークの硬さというものがあり、加熱を続けると硬さは低下します。

その状態を顕微鏡で確認して分析するメーカー様もあります。

ある材質で熱処理の特性がわかり、それを製品化して熱処理する場合は、炉内への入れ方や実態(実体)測定を行って理論値に近づけるような方法を見つけていきます。

お客様から依頼された熱処理の製品について、ひとつひとつ丁寧に、そして確実に熱処理を行っています。

試作品や個人のお客様からの1個だけのご依頼もございます。

その他、色々なご相談についてもお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせをいただければと思います。

よろしくお願いいたします。