0276-86-6475

試作品

2011.05.27
試作品

今週も、2社からアルミ熱処理の試作品の実体測定のご依頼がありました。

1社は20点測定で、もう1社は3点測定です。

昔は、紙のチャート紙に打点をする記録計を使っていて、最大で12点測定でしたが、数年前からはデータロガーを使用していますので測定点数は増えました。

また、記録もデジタルの数値なので、エクセル等の表計算ソフトでデータを加工することができます。各測定点ごとの平均値や最大値・最小値などもカンタンにわかりますし、グラフにして見やすくすることも可能です。

通常は記録は1分間隔ですが、それは変更することもできます。

より安定した品質を保つためにも、炉内の温度分布の調査をして温度差を無くす方法を検討していければと思います。

アルミニウムの熱処理に関するお問い合わせは、メールやFAX、電話等でいつでもお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

 

2011.05.20
実体測定について

お世話になります。

おかげさまで、アルミニウムの熱処理における実体測定の依頼の頻度が高くなっています。主に新規立ち上げのお客様が増えております。

実体試験は弊社では2通りのやり方がありまして、ひとつは雰囲気温度を固定して、そのときの内部の温度を測定する方法。これは、公差等をあまり気にせず、熱処理後の硬さが規格内で温度分布もあまりバラつきがなければ良いという場合に行います。

もうひとつは、実体温度で例えば500±5℃の熱処理を行う場合に、実体の温度に合わせて雰囲気温度を手動でその都度調整しながら行う方法です。この方法ですと、材質に合った熱処理を行うことが可能です。通常は、初回はきれいなカーブは出ませんので、どちらかというと目標値を決めるトライという位置づけになります。

実体試験についてもお打合せをさせていただきながら進めていき、その後に御見積書も提出いたしますので、お気軽にお問い合わせをいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

2011.05.13
ADC12の熱処理

今週もアルミ熱処理のお問い合わせが色々とございました。

その中で、ADC12の「アニール処理」についての質問がございました。

「アニール処理」は、単に「熱を加える」という意味で使う方が多くいらっしゃって、焼鈍とT5のどちらかの場合がありますが、通常はT5処理のことを指すことが多いようです。

ADC12のT5は毎日行っておりますが、メーカーによって若干温度と時間に違いがありますので熱処理条件については相談させていただければと思います。

また、ADC12のT6処理についても弊社で行うことがあります。

アルミの熱処理でお困りの事や不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

2011.05.06
休日の熱処理について

今週は、連休中の熱処理依頼がありました。

お問合せを頂いたお客様は、2日?5日も休まず営業されていて弊社から毎日納品・引き取りに伺いました。

連休中に他のお客様からの入荷もあり、連休中に稼働していた事をお客様に喜んで頂けて良かったです。

弊社では、24時間365日対応可能で休日や連休中の熱処理も行っておりますので、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

宜しくお願い致します。