TEL : 0276-86-6475
FAX : 0276-86-6583
群馬県邑楽郡
千代田町大字赤岩3296-1

炉内の温度測定について

2021.06.09
炉内の温度測定について

炉の内部の温度を測定するときには、温度センサー(熱電対)を炉の中に入れます。

そして、熱電対の先端部分の温度が記録されます。

アルミニウム製品の実体温度測定の場合には、アルミ製品に直接穴をあけて差し込みます。

穴の深さは、だいたい10~20mm程度で熱電対を差し込んだ後は、抜けたりしないように固定します。

測定にはデータロガーを使用して、コンパクトフラッシュカードに記録をしてその後データをパソコンに取り込みます。

データを取得する間隔は、通常は1分に1回です。

間隔を短くすることも可能ですが、その場合にはデータの量が多くなります。

T6処理でデータを取る場合には、線をつなげたままで水冷作業を行いますので作業をするスタッフが必要になります。

高温から何度で水冷されたか、製品の冷却速度はどれくらいかを確認することが可能です。

実体温度測定については、ご希望があればいつでも行うことが出来ますのでお気軽にご相談いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

2021.06.02
小丸炉のかさ上げ工事を行いました。

先日、第2工場にある小丸炉のかさ上げ工事を行いました。大雨が降ると雨水が流れ込み、小丸炉が設備してある場所に流れ込んでしまい、水没してしまう事が度々ありました。

小丸炉は、弊社で1番小さな炉になります。少量での熱処理や試作品や小さな製品を熱処理しているので使用頻度が高い炉です。

水没してしまうと電気関係がショートしてしまい小丸炉は使用出来なくなってしまいます。そこで弊社でお願いをしている知り合いの業者さんに高さ30cmの台を作っていただきました。

小丸炉をクレーンで持ち上げ、その台をスタッフと業者さんでピット内に設置し、その上に小丸炉を置き、かさ上げをしました。今までより、30cm上がりました。

 

 

 

水槽も古くなってしまったので新しくする為、今、製作中です。あとは、水漏れのテストや細かい場所の修正などです。弊社では、自分達で出来る事は出来るだけスタッフで行っております。

「1個だけ試しに熱処理してみたい。」「試作品だけテストしてほしい。」など少量や試作品などどんな事でもご相談いただければ幸いです。宜しくお願い致します。