0276-86-6475

規格外の熱処理について

2015.09.30
規格外の熱処理について

通常、アルミニウム合金を熱処理するときの温度は規格として決まっているものがあります。

それは、素材の研究や製品として活用した結果として最適なものとして定義されていると思います。

しかし、実際に熱処理を行っていると、必ずしも規格通りでやらなくてはいけないということではないということもわかってきます。

例えば、長年熱処理を行ってきたメーカー様に行って実体(実態)測定を行うと製品の温度が炉内の温度よりも10℃以上低かったり、保持時間が設定よりも短かったり長かったりしている場合があります。

それでも、製品として正常に使われているという実績を考えますと、設定温度や保持時間は必ずしも規格通りで無くても大丈夫なこともあると言えると思います。

「規格通り」というのは、後で何かあったときに困らないということもありますし、社内で実験をして結論を出すというプロセスを省くこともできます。

もちろん、メーカー様によっては規格の近辺の温度と時間をいくつも実験して結論を出されています。それでも、規格の温度と時間の近辺を中心に行いますので、やはり規格は大事です。

ここであえてこのことに触れるのは、「コストダウン」についてです。

焼鈍やT5処理、場合によってはT6処理などで保持時間を1~2時間短くすることによるコストダウンが可能かどうかを相談される場合があります。

そのときには、まずは実際にそれをやってみて、その後に機械的性質を調べてみたりして結論を出すことになります。

規格外の熱処理など、色々な方法を自由にトライしてみたいという場合にも、ぜひご連絡をいただければと思います。

それ以外にも、色々なご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。

2015.09.16
アルミニウム製品の切断について

アルミニウムの熱処理において、品質の合否判断のひとつとして「硬さ」という基準があります。

その硬さを測定するときに、形状によっては硬さ試験機で測定できないものがあります。

そのようなときに、場合によっては製品を切断して硬さを測定します。

ただ、製品を切ってしまうともったいないため、ダミー品を一緒に熱処理したり、硬さ測定用のテストピースを用いる場合もあります。

重要保安部品などで、1回の熱処理ごとに必ず1個破壊試験を行うような場合もありますので、各メーカー様によって色々な方法があります。

製品を切断するときには、弊社の設備でバンドソーがありますので、それを使います。

また、表面の硬さと内部の硬さの両方を測定したいというときにも、製品を切断して硬さ測定を行います。

これらは、事前に担当者と打ち合わせをさせていただいております。

アルミニウム製品の切断なども行っておりますので、ご要望等がございましたら、お気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

2015.09.02
紹介動画をYouTubeに掲載しました。

弊社の紹介ビデオは今まではWEBサイトのサーバー内にファイルを置いていましたが、圧縮率が高くて画像があまり鮮明で無かったため、YouTubeで観ることができるようにしました。

今まではFLASHがインストールされていないと見られなかったりしましたが、それもスムーズになりました。

近いうちに、WEBサイトのリニューアルも行いますので、今後ともよろしくお願いいたします。